ニュース

イベント・セミナー

2016.10.20

10月15日(土)実施「2016年 大学ソリューションセミナー in 大阪」レポート 「教育学習支援に繋げるIR-IE(Institutional Effectiveness)とエビデンス指標」-京大でIRの活用を実践する溝上慎一氏登壇!

10月15日、大阪・梅田にあるBREEZE PLAZAで開催した「大学ソリューションセミナー in 大阪」には、全国の67大学13高等学校・専門学校などから、約100名の方に参加いただきました。いま、最もホットな話題のひとつであるIR(Institutional Research)をテーマに、京都大学教授の溝上慎一先生の基調講演から始まり、東北芸術工科大学の樋栄ひかる先生のワークショップ、情報交換会まで盛りだくさんの内容でした。

溝上先生は高校、大学から社会への「トランジション」や「アクティブラーニング」の研究で著名ですが、京都大学におけるIRも推進されており、この春には、京都大学の教育アセスメント室室長にも就任されました。今回の基調講演では、京都大学のIRの取り組みや事例、エビデンスベースであることの意義、IE(Institutional Effectiveness)のために必要なエビデンスなどについてご講演いただきました。

なかでも、大学1年前期終了時の成績と3年前期終了時の成績に強い相関関係があるという指摘は(GPAを使って比較)、参加者にとって非常に参考になったと同時に、初年次教育の重要性を改めて認識されたことと思います。

当社からの事例発表では、入学前e-Learningから収集し分析できるデータにより、早期中退予防のための対策が入学当初からできること、また、「学習観・学習動機アンケート」の結果から得られるデータを活用して、学生一人ひとりの学習動機の傾向に合わせた学習サポートが行えること、さらに学力層や学習タイプに応じた指導法の見直しも可能となることなどを発表しました。

そして後半では「学びの場づくり」のワークショップを、東北芸術工科大学特任准教授の樋栄ひかる先生にご担当いただいきました。弊社と協同で実践している入学前教育プログラムの一部をご紹介いただきました。アイスブレイクに始まり、「拍手まわし」といったゲーム、さらにナレッジモデルやU理論の解説など、アクティブラーニングのヒントが満載。友だちができないことで大学を早期に辞めていく学生があるなか、「中退予防にもつながる」と、好評をいただきました。

ワークショップでのゲームが楽しく、打ち解けあえたこともあり、続く情報交換会では、いつも以上に活発に交流がなされました。アンケートでも

「IRで、どのようなデータを取ればよいのかがわかり、大変参考になった」

「樋栄先生のワークショップは今後の授業の中で、ぜひ取り入れたい」

「いつも先進的な内容で参考になる。次回も楽しみだ」

といった声が聞かれました。今回のセミナーも大変好評のうちに終了することができました。

これも一重に皆さまのご支援の賜物と思っております。ワオでは引き続き、大学改革に資する情報やノウハウを皆さまにご提供して参ります。

※「入学前e-Learningの事例紹介」で使用している学習観・学習動機については、東京大学・市川伸一先生の調査項目を、許可を得て使用しております。

<出典>

市川伸一(1995)「学習動機の構造と学習観との関連」『日本教育心理学会総会発表論文集』37,177
市川伸一(2001)『学ぶ意欲の心理学』PHP研究所

イベント・セミナー

2016.08.26

大学および教育関係者向け学会(イベント)に企業ブースを出展

株式会社ワオ・コーポレーション(http://www.wao-corp.com/)のソリューション事業部は、下記学会、フォーラムにて企業ブースを出展します。
「入学前教育プログラム(e-learning)」と、その学習結果を分析した「学習レポート」の活用方法などをご紹介します。
「学習レポート」は、大学側が所持する単位取得率や、GPAなどのデータとともに相関分析することで、中退予備軍の事前把握やIRに活用できると好評です。
ブースでは、更に詳しい説明とともに、資料をお渡しします。ぜひお立ち寄りください。
―――――――――――――――
出展スケジュール
―――――――――――――――
【第6回 大学コンソーシアム八王子 FD・SDフォーラム】
●開催期間:8月29日(月)、30日(火) ※29日(月)のみ出展します。
●会場:八王子市学園都市センター
【私立大学情報教育協会 教育改革ICT戦略大会】
●開催期間:9月6日(火)~8日(木) ※7日(水)から出展します。
●会場:アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)
【初年次教育学会 第9回大会】
●開催期間:9月10日(土)、11日(日)
●会場:四国大学
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワオ・コーポレーション
ソリューション事業部(担当:北川・森岡)
〒530-0015 大阪市北区中崎西2-6-17 WAO第1ビル
TEL:06-6371-0255
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベント・セミナー

2016.05.24

5月21日(土)実施「2016年 大学ソリューションセミナー in 東京」レポート「エビデンスベースト」の大学改革へ ー教育経済学が、未来を変えるー 中室牧子氏登壇!

5月21日、東京・御茶ノ水ソラシティで開催した「大学ソリューションセミナー in 東京」では、北海道から九州まで全国の国公私立70大学より約100名の大学教職員の方々が参加。高大接続改革、3ポリシーの実質化などで、大学の質的転換が迫られるなか、真剣で熱のこもったセミナーとなりました。今回はテーマを「エビデンス・ベーストの大学改革へ -教育経済学が未来を変える-」とし、基調講演では慶應義塾大学准教授であり、ベストセラー『「学力」の経済学』の著者でもある中室牧子先生にご登壇いただきました。

中室先生は、海外のさまざまな教育効果の測定事例を取り上げ、「相関関係」ではなく「因果関係」に着目すべきことや「手段の目的化」に陥らないようにすべきことなどの本質に触れながら、教育効果や教育投資におけるエビデンス(科学的根拠)の重要性を強調されました。また、子どもの将来の成果を決定する上では「非認知能力」の重要性が高く、なかでも「自制心」と「やりぬく力」「勤勉性」などは、収入や昇進にも影響を与えるとの実証事例を紹介されました。参加者の方々も問題意識を共有され、講演後の質疑応答の時間には、大学教育や教務上の課題に引き付けた具体的な質問が相次ぎました。

2人目の登壇者、摂南大学教授の荻田喜代一先生からは「入学前教育を用いたIRとその活用」と題しての講演をいただきました。弊社eラーニング・リメディアル教材で学習した学生たちのデータを分析した結果、その学習行動タイプによって入学後の成績評定、退学率、留年率、インターンシップ参加率などに明確な違いが出ることの実証事例の説明がありました。これを受け弊社からは、入学前教育eラーニングのログデータから導かれる学習タイプ、およびアンケート結果から分かる学習観・学習動機*と成績とのデータ分析結果を紹介させていただきました。

その後の情報交換会でも各所で活発な議論や意見交換がなされ、参加の皆様からは、
「今日のテーマは非常に興味深く、教育も勘に頼らずエビデンスが必要だと感じた」
「非認知能力は大学からでも養成できる、との言葉に意を強くした」
「大学教育でも自学の特色を明確にしていくことの重要性を改めて感じました」
「情報交換会では、自学でも取り入れられそうな、生の事例を聞くことができた」
「どこも同じような課題をかかえていることが分かって、むしろ改革を進める気持ちが強くなった」
などの感想が寄せられました。また、「グループディスカッションは、もう少し時間がほしかった」との課題も少なからずいただきました。今後の運営に生かしていくことを、この場を借りてお伝えします。

総じて、今回のセミナーも大変好評のうちに終わることができました。これも皆様のご支援のお陰です。

ワオでは引き続き、大学改革に資する情報やノウハウを皆様に提供して参ります。次回以降のセミナーも、ぜひご期待ください。

※学習観・学習動機については、東京大学・市川伸一先生の調査項目を、許可を得て使用しております。

<出典>
市川伸一(1995)「学習動機の構造と学習観との関連」『日本教育心理学会総会発表論文集』37,177
市川伸一(2001)『学ぶ意欲の心理学』PHP研究所

イベント・セミナー

2016.03.08

5月21日(土)2016年度「大学ソリューションセミナーin東京」開催のお知らせ

昨年より実施の弊社主催大学ソリューションセミナーを、ご好評につき2016年度も開催いたします。

本年度は521日(土)に、「エビデンスベーストの大学改革へ教育経済学が、未来と変える」と題しまして

慶應義塾大学・総合政策学部准教授の中室牧子氏にご登壇いただきます。

—————————————-

日時 : 2016521日(土)

名  称:2016年度 大学ソリューションセミナー in東京

「エビデンスベーストの大学改革へ-教育経済学が、未来を変える-

主  催:株式会社ワオ・コーポレーション

会  場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター2階(JR御茶ノ水駅徒歩1分)

詳しい内容に関しましては、下記よりお問い合わせください。

― お問い合わせ ―
株式会社ワオ・コーポレーション ソリューション事業部
大阪 TEL:06-6371-0255

—————————————-

情報交換会を含め参加費無料です。ふるってご参加ください。

皆様のご参加を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

トピックス

2016.02.22

第9回EMIR勉強会セッション内で事例発表をさせていただきました。

先日、2/20(土)第9回EMIR勉強会セッションⅡ内にて、約130名ほどがご参加の中、弊社より事例発表をさせていただきました。
主には、近畿大学様と共に入学前学習(e-learning)の導入事例のご紹介と、そこから得た情報を元とした【IR】に寄った分析結果や、活用事例のご紹介をさせていただきました。

「IRに活用する入学前e-learning教育の課題分析 ―学生タイプ別 中退率・成績との関係性 近畿大学他、導入大学の事例から―」

お蔭様で多くの方にご興味、ご関心を持っていただき、後のオープンディスカッション内や、セッション終了後にもわざわざご質問を頂いたりと少しでもお役に立てたのではと思っております。
今後も企業という立場ではありますが、あらゆるところに点在します課題を大学様とともに解決に導いていけるよう尽力してまいります。
今回の発表内容の詳しい内容に関しましては、下記よりお問い合わせください。

― お問い合わせ ―
株式会社ワオ・コーポレーション ソリューション事業部
大阪 TEL:06-6371-0255

ニュース

  • イベント・セミナー
  • メディア掲載
  • トピックス