主催セミナー

2008.07.25

Campus Solution Seminar 2008 in OSAKA/Campus Solution Seminar 2008 in TOKYO 事例で学ぶ大学ケータイプロモーション

大阪/日時:2008年6月12日  会場:梅田センタービル
東京/日時:2008年7月25日  会場:アカデミーヒルズ

高校生にとってケータイはどのような存在なのか?
いまや「欠かせないコミュニケーション・ツール」を超えて、「最も手軽で身近な情報ツール」にまで発展しています。このことを無視して、若者をターゲットとするマーケティングは成り立たないといっても過言ではではないでしょう。しかしながら、大学受験という市場ではどうか?果たしてこの“進化”にきちんと対応できているでしょうか?
今回の「Campus Solution Seminar」では、親和性と即時性をキーに「受験生の心に響く大学広報」を探ってみました。

基調講演「モバイル市場の変遷と展望 ー今求められる受験生へのアプローチ法」

携帯電話研究家/モバイルビジネスコンサルタント 木暮 祐一

携帯電話からケータイへ
私が手元に持っている機械、このショルダーバッグのようなものが1988年の携帯電話だ。それが今、携帯電話は手のひらよりも小さくなった。さらに、1人1台の時代になった。どちらも20年前にはまったく想像ができなかった。
少し数字を挙げてみると、2006年の携帯電話の契約数は約8400万台。昨07年に文科省が「全国学力テスト」に際して実施したアンケートによると、小6の保有率は約3割、中3は約6割。別の調査では高校生は9割以上が携帯電話を持っているとされる。

台数だけではない、日本では9割近くがインターネットにつながっているのだ。そう考えると、みなさんの手元にあるのは携帯電話ではない。情報機器、情報インフラとしての「ケータイ」。「持ち歩けるコンピュータ」といっても過言ではなく、それを使って、いまや若者は情報を巧みに扱っているのである。

メディアとしてのケータイが持つ力
もうひとつ、私たちが認識しておかなくてはいけないのは「ケータイはメディアである」という点だ。メディアでありマーケティングツールである、と考えなくてはいけない。2000年、あるコンビニチェーンがイベントの告知を店頭ポスターで行った。このときの応募方法はパソコンによるインターネットか葉書だった。それを翌年、ケータイサイトからの応募も可能にすると、応募総数が100倍になった。いまは、それほどにはならないかもしれないが、いずれにしろメディアとしてのケータイはものすごいパワーを持っている。
ここでケータイを使ったモバイルマーケティングの3つのステップを見ていくことにしよう。まずは「プレアクセス」——広告メールやQR広告などでターゲットを囲い込む。続いて「オンアクセス」——着メロや待受け、メルマガなどを通じてターゲットを定着させる。最後に「ポストアクセス」——割引クーポンなど各種情報を提供し、ターゲットに行動を促していく。このようなステップをきちんと踏めば、新聞や雑誌などの広告よりも、高いレスポンスを期待できる。それは多くの企業の事例が証明している。ましてや若者がターゲットの大学受験市場では……まさにケータイは強力な広告媒体なのである。

分かっている大学は始めている
もっとも、ケータイサイトの構築は難しい。パソコン用のサイトをそのまま小さくするだけではダメだし、キャリア(通信会社)ごとに仕様が異なるといった課題もある。「分かりやすさ」「使いやすさ」「目的の情報に迷うことなく到達できる」などパソコンのサイト以上に必要となる条件も多いが、それでも、ケータイ広告の持つパワーに注目し、いち早く活用を始めた大学も出てきた。分かっている大学は始めているのだ。
まさに今、「ケータイ活用の絶好のタイミング」なのである。サイト構築のためのASPサービスなどもうまく活用し、ぜひ、募集広報を成功に導いてもらいたい。

Campus Mobile 体感セミナー&交流・体験会

基調講演に引き続き、Campus Mobile体感セミナーと題して、弊社・広報アドバイザーが「大学募集広報における携帯サイト活用事例」をお話いたしました。そこで取り上げた弊社が独自に行った調査の結果をまずご紹介いたしましょう(調査対象は関西圏の大学)。

大阪(調査対象:関西圏の大学)。
・公式携帯サイトを持っている大学 114大学(223大学中)
・携帯サイトを頻繁に更新している大学 37大学(上記114大学中。1か月間に更新があったかどうかで判断)
・受験生向けのスペシャルコンテンツがある大学 20大学(114大学中)

東京(調査対象:関東圏の大学)。
・公式携帯サイトを持っている大学 150大学(355大学中)
・携帯サイトを頻繁に更新している大学 55大学(上記355大学中。1か月間に更新があったかどうかで判断)
・受験生向けのスペシャルコンテンツがある大学 32大学(355大学中)

このようにPCサイトほど携帯サイトに大学が力を入れていないことがわかりました。コスト面や構築に手間がかかる、使いこなしにくいといった点など理由はいくつか考えられますが、いずれにしても活用が難しいメディアなのでしょう。
そんななかで弊社が開発したのが、大学市場に特化した携帯サイト構築・運用システム「Campus Mobile」。
セミナーでは、夏のオープンキャンパスや出願時の囲い込み、志願促進などを想定したCampus Mobileの活用例をご紹介いたしました。出席された大学関係者のみなさまには、その有効性を十分実感いただけたように思います。

その後の交流会においても、木暮氏とケータイを話題に参加者が歓談されたり、参加者同士で情報交換をされている姿が会場のあちらこちらでみられました。また、会場に設けられたCampus Mobileの説明ブースでは、担当者の説明に耳を傾ける参加者が多数おられました。
弊社にとっては、事業の内容をご理解いただく絶好の場となったと同時に、大学様の生の声をお聞きできる「またとない機会」となりました。参加されたみなさまには、この場を借りて感謝申し上げます。

■参加されたみなさまの声
・広報媒体としての携帯電話の重要性に意識的になる良い機会となりました。具体例も多数挙げて頂き、機能のイメージもし易くよく理解することができました。
・実際、ケータイサイトは更新頻度も少ないので、見直す必要があると感じました。
・広報=紙媒体という認識が本学には根強く残っているとも感じているので、色々と感じさせられました。モバイルは日々変化していくので未知な部分が多く、不安がありますが、ユーザー(受験生)のことを第一に考えると早めの導入を考えたほうが良いかもしれません。
・高校生世代が携帯をどう利用しているか、以前から興味ありましたので、木暮先生のお話は大変参考になりました。

2007.11.26

Campus Solution Seminar 2007 in OSAKA ケータイ・ゲーム世代の受験生とのコミュニケーション 受験生の心を掴む!発想の転換と具体的方法

日時:2007年11月26日
会場:阪急グランドビル

「いままでの広報手法ではなかなか高校生は反応してくれない。受験生の気質が変わってきたのかもしれない」と感じている大学関係者は多いことでしょう。まさにそのとおりで、インターネットや携帯電話など新しいメディアの出現で高校生を中心として若者たち、とくに彼らの情報の取得法や受け止め方は大きく変わってきました。では、そうした変化に大学はどのように対処すればいいのでしょう。どうやって、受験生の心を掴めばいいのでしょうか。
大阪で開催した「Campus Solution Seminar 2007」では、「消費行動の変化」と「ゲームから学ぶおもてなしの心」を切り口に、“新しい時代”における大学広報のあり方を探ってみました。

第1部|「いま大学広報に求められる新しい視点ー企業事例から見る、効果を上げるクロスメディア手法ー」

マーケティング・コンサルタント 末吉孝生 氏

「AIDMA」から「AISAS」へ
マーケティング理論において、消費者の行動は「AIDMAの法則」で理解されてきた。消費者は商品を認知(A)し、理解(I)したうえで欲求(D)をもち、商品を記憶(M)して購買(A)に移るというわけだ。しかし、インターネットの出現で大きく変わった。いまは「AISAS」(電通の登録商標)で理解されるようになっている。
AとIは同じ。この次に検索(S)が来る。インターネットで検索して、これと思った商品があればワンクリック(購入=A)。さらに、重要なのは購入のプロセスや商品の満足度などがブログなどで公開される点だ。つまり、情報が共有(S)されるのだ。
このように消費者が以前のような受動ではなく、能動的に動いていることは非常に重要である。「モノを言う消費者」の出現は革命的なことであり、彼らを意識した広報・宣伝活用を行わなくてはいけない。

ケータイは最大のコミュニケーションツール
その際、最も活用すべきメディアはモバイル(携帯電話)だ。10代はPCよりももっぱら携帯電話。企業側も携帯だとダイレクトに消費者にアクセスできる。10代の若者の半数は4時間以上(!)も携帯を利用しているというデータもあるくらいで、これだけ接触機会の多いメディアは他にはないだろう。もはや、10代において携帯電話でのコミュニケーションが重要であることは間違いない。
それだけではない。いまやケータイしか接触点がない(TVやPCを持たない)層が増えている。とくに10代の女性にこの傾向が強い。動画もケータイの利用率が高くなっている。携帯電話は「いつでもどこでも」という強みを発揮している。

口コミをつくり出す2つのポイント
とにもかくにも、ネットと携帯電話が情報をつくり出し、それが爆発的に増えているのだ(総務省調べでは、平成7年に比べて平成17年の情報量は800万倍)。そして、これらの多くは消費者が生み出している。消費者の声(=口コミ)の威力は本当にすごい。あるアニメ映画などほとんど広告宣伝費をかけていないのに、50億円をかけた大手化粧品会社のブランドと、ほぼ同じ量の情報をネット上で生み出している。
口コミのつくり方のポイントは次の2つである。まず、情報が不確かであること。「〜と言われている」「〜のようだ」といった状況が関心を呼び込む。そして、違和感があること。「なんでこの大学が?」「どうしてそんなことが?」が口コミにつながる。違和感をつくるには、若者の発想を利用するのが一番だ。学生のアイデアに基づくイベントなどを仕掛けていけば効果を発揮することだろう。

第2部|「ゲームに学ぶユーザー中心中心主義の発想〜ゲームニクス:なぜ任天堂ゲームは勝ち続けるのか〜」

立命館大学映像学部教授 サイトウ・アキヒロ氏

ゲームニクスは人を夢中にさせるノウハウ
世界を席巻している日本のゲームだが、そもそもゲームはアメリカで生まれ、日本はその模倣から始まった。任天堂はそのなかでも後発。なのに、世界のゲーム業界をリードするまでになったのは、なぜか? キャラクターが魅力的だった、ストーリーが素晴らしかった、など理由はいくつかあるが、最大の要因のひとつに任天堂が「ゲームニクス」という独自のゲーム開発ノウハウを構築してきたことにある。ゲームニクスは「人々を夢中にさせるノウハウ」を体系化したもので、このノウハウだけを取り出せば、他にも十分、応用が利く。大学広報の分野では、とくに有効だ、と思われる。

2つの要素と4つの原則
まずはゲームニクス理論の2大要素をお教えしよう。1つは「理屈抜きで、直感的・本能的に操作ができる」という点。マニュアルを読まなくてもゲームを楽しむことができるのは、この要素が盛り込まれているからだ。2番目は「複雑な内容を段階的に理解できて、思わず夢中になる」である。簡単な仕様理解から始まり、自然と複雑なことができるようになる。できるようになることが楽しくて、もっとやってみたくなるのだ。

次にゲームニクス理論の4原則を紹介しよう。その第一は「直感的なインターフェイス」だ。コントローラーなど入力デバイスの特性を理解してゲームをデザインしなくてはいけない。2番目は、先の要素にもあったが「マニュアル不要の操作理解」。3番目が「はまり演出と学習効果」だ。そして、最後が「ゲームの外部化」。ゲームとリアルな現実世界とのリンクを心がけることが重要だ。このような「ユーザーを夢中にさせる技術」が注目され、家電や教育などさまざまな分野での応用がなされている。

日本の「もてなしの文化」がベースに
それにしても、なぜ日本においてゲームニクスが発展したのだろう。それは、日本の「もてなしの文化」と深い関係がある。日本のゲームは「プレーヤーはきっとこういう操作をするに違いない」と想定しボタンをレイアウトするなど、常にプレーヤーの気持ちを先回りしてさりげなくサポートしている。押し付けではない、さりげなくなのだ。また、俳句に代表される日本の「制限による工夫」もゲームに反映されている。小さな入力デバイスのなかで複雑なゲームの内容をいかに実現するかは、まさに「制限の工夫」の賜物だろう。
ゲームニクスにおいては、テクノロジーは重要ではない。いかにやさしくユーザーに情報やコンテンツを提供するか。Webや携帯サイトのなかでそれが実現できれば、広い世代に支持され、楽しんでもらうことができるはずだ。

実践セミナー&交流会

第2部に引き続いて行った実践セミナーでは、弊社・広報アドバイザーが「リッチコンテンツ時代における広報手法の実際」をテーマに、最先端のコミュニケーション技術を、それを使った成功事例とともにご紹介させていただきました。なかでも、セミナー参加者のみなさんにも体験いただいた「ガジェット」や携帯電話を使った新しい大学広報コンテンツは、アンケートでも「とても参考になった」という声が多く寄せられました。こうしたみなさまの声をガジェットやケータイサイトに開発に活かすと同時に、実践例とあわせて本サイトを通じて随時、ご紹介させていただきます。
さらに、立食形式による交流会も実施。講演に引き続きご参加いただいた末吉氏やサイトウ氏と参加者のみなさまが歓談されたり、参加者同士で情報交換をされるお姿が会場のあちこちで見られました。また、弊社スタッフに具体的なソリューションの内容を詳しくご質問いただく場面もあり、弊社にとっては各大学様がお感じになっている課題や弊社へのご要望を学ばせていただく大変貴重な機会となりました。
なお、すべてのプログラムが終了したのち、参加者のみなさまにはアンケートをご記入いただきました。そのなかからいくつかご紹介させていただきます。
「ゲームニクス理論は初めて耳にする言葉でしたが、広報に限らず日本のいろいろな分野に応用が利くと思いました」(兵庫県・I氏)、「どんどん進化していく広報手法。とても勉強になりました」(広島県・N氏)、「時代を動かす若い世代に響くコンテンツ・サービスをつくるためのヒントを学べてとても参考になりました」(京都府・N氏)。また、「学生参加型のWebサイト」や「ケータイサイト」に絞ったセミナーの開催を要望する、といった声も多数寄せられました。これらについても、検討させていただき、次回以降のセミナー企画に活かしてまいります。

2005.11.07

Web Solution Seminar 2005 in TOKYO 「学生集客・産学連携…目的達成のための大学Webサイト構築」(+ブランド価値を生み出すWebサイトのあり方)

日時:2005年11月7日
場所:六本木ヒルズ39F エムファクトリーセミナールーム

実用化の時代に入った大学のWebサイト。今回はその構築と運営はいかにあるべきかをテーマに、首都圏を中心に北海道から関西まで31大学、7企業、エムファクトリーセミナールームに満席の参加者を得て開催されました。第一部では現状分析とその未来について、東京大学先端科学技術研究センターの妹尾堅一郎教授に基調講演をいただき、第二部では株式会社インフィニアムの杉山実氏にWebを通じた大学の価値創造について、第三部では株式会社エムファクトリーの嘉数啓太氏に最新のログ解析ツールについてお話いただきました。

セミナー(第1部基調講演)

〜Webサイトを通じて大学が見える〜 東京大学特任教授 妹尾堅一郎氏

Webサイト研究の第一人者であり、朝日新聞社 大学ランキングのWebサイト部門を担当されている妹尾教授には、1997年から8年間にわたる全国大学サイト全数調査の、方法や結果について紹介いただきました。特に近年、国公立大学のWebサイトに対する意識と取り組みが、急速に高まっているとの興味深い報告がありました。また元月刊エグゼクティブ編集長の藤本良平氏による、セキュリティ、プライバシー、著作権問題といった社会意識の急激な変化に対し、Webがどのように対応すべきかといった問題提起や提案もあり、参加者は熱心に耳を傾けておられました。結論として教授は「いまやステークホルダーにとってWebサイトを通じて大学の内容が透けて見える時代になったこと、そこでは見栄えではなく中身が大事であること、その結果Webサイトは社会のみならず大学内部に対しても影響力を持ち、Webサイトを利用して大学改革が可能である」ということを力説されました。そしてそれは「Webサイトの運営者である現場職員の仕事如何にかかっている」と締めくくられ、満場の拍手の中で終了しました。

妹尾堅一郎 (せのお けんいちろう)
東京大学先端科学技術研究センター特任教授
知財マネジメントスクール校長役
技術経営ディレクター
NPO産学連携推進機構理事長 1997年以来、日本の4年制大学Webサイトの全数調査を実施。
「朝日新聞社 大学ランキング」等で、大学Webサイトの問題と課題について提案を続けている。

セミナー(第2部)

〜バリューマネージメントをWebを通して実現させる方法〜 インフィニアム 杉山実氏

このセミナーは、大学のブランド価値構築の必要性を、強くアピールするものでした。それには「受験生を顧客とする視点、顧客が大学の何を見ているかを知ること、大学は自らの価値をどのように認識しかつアピールしているか、あるいはすべきか」といったマーケティングの視点が欠かせないものであり、Webによるブランド価値構築の重要なファクターであることが強調されました。またこれを実現するために、学部を超えた学内の結束が重要な鍵になるとの指摘がありました。杉山氏のお話は「己を知り敵(顧客)を知れば百戦(集客)危うからず」「算多きは勝ち算少なきは散る」といった普遍の戦略思想を感じさせるものでした。この第二部に関しては「大学の経営に携わる人たちにこそ是非聞いてもらいたい」と言う意見が、多くの大学関係者から聞かれました。奇しくも翌日(11月8日)の日経新聞朝刊の一面に、「大学激動」というシリーズが連載を開始。激変する大学の情勢を実感させる内容であり、経営サイドにも意識改革の必要性を感じさせるものでした。

杉山実
株式会社インフィニアム
マーケティング&クリエイティブ事業部
アカウントプランニンググループ シニアマネージャー

セミナー(第3部)

〜最新のログ解析ツールを活用したWebの運用方法〜 エムファクトリー 嘉数啓太氏

・「3クリックルール」=目的のコンテンツに3クリックでたどり着ける。
・「5クリック・5秒ルール」=会員登録や資料請求は5クリックで完了させる、またページは5秒以内で表示させる。

以上はユーザビリティを向上させるe-マーケティングの2つのルールです。エムファクトリーの提唱するログ解析ツールは、Webサイト訪問客が、どこから訪れ、どのページを経由して、ホストが望むページにたどり着くかという経路をリアルタイムで解析し、訪問客の動向や興味を素早く察知してサイトに反映させることができるものです。最も効率的・効果的に上記の2つのルールを実現させユーザビリティに繋げようという提案でした。企業ではすでに一般的になりつつあるこうしたマーケティングが、大学に取り入れられる日が近いことを予感させるプレゼンテーションであり、大学関係者の関心を誘っていました。

嘉数啓太
株式会社エムファクトリー
第一営業本部

懇親会

Webセミナーの後に行われた懇親会には、大勢の方に参加いただきました。Webサイトの運営に関しては、どの大学も共通の問題意識があるようで、お互いの事例やソリューションの情報交換も見られました。また、第二部でも取り上げられた、国際化する大学に関して「海外の潜在顧客に向けてどうアプローチしようか」といった大学関係者の声も聞かれ、セミナーとはまた違った有意義な時間を過ごせた会でした。参加者の要望としては「サイトを運営する実務関係者の視点で捉えた問題をもっと取り上げて欲しい」など多くのご意見をいただき、次回セミナーに生かそうと考えております。